========目次========

 

1. Webショップ開発記録

 

1-1. ホームページの進行

1-2. 商品を作る

1-3. Webショップへ集客する

1-4. 

 

2. あったらいいなハンドメイド雑貨

 

2-1. フェルトクラウン

2-2. オバケのぬいぐるみ

2-3. キッズ用おままごとエプロン

2-4. 赤ずきんちゃんポンチョ

2-5. その他

 

 

3. 幼児のための手作りおもちゃ

 

3-1. おりがみ

3-2. ポットン落とし

3-3. 段ボール

 

4. チビケロとの暮らし

 

5. ワーキングママになる

 

 

▼まだまだ開発中のwebショップ

http://frogscollection.com/

さて、ホームページが出来て、販売する商品が出来たら今度は集客です。

どうやって、フロッグスコレクションのかわいい商品たちをお客様に見ていただこうかな。

と日々考えております。

 

★ターゲットとなるお客様★

・自分でもハンドメイド作品をおチビちゃんに作ってあげたいと思っているママさん。

・もっと楽しく育児できないかしらと思っているママさん。

 

★集客の導線★

1. 初心者だけどハンドメイドを頑張りたいママさんに向けてハンドメイドの作り方ブログを投稿する。

2. 頑張ってみたけれど、売ってるのならもう買う!なお客様のためにwebショップを展開。

3. 作りたかった(欲しかった)物を、フロコレで購入していただく。

4. 喜んでいただく。

 

まずは、ハンドメイドな作り方ブログをたくさん書いて育児中のママさん達の役に立つ投稿をしよう!

一歩一歩。

現在2歳7か月のチビケロさんとのケンカの話。


「晩ご飯の前に手を洗おう。」
「いやだ〜洗わない。」
「お手々洗わないとご飯たべれないよ。」
「いやー。食べるぅ―。」
「じゃぁ、お手々を洗おうか。」
「いやだ〜洗わない。」
「ママも一緒に行ってあげるよ。」
「いやだ〜。」
「じゃぁ、ご飯たべれないねぇ。ママだけいただきまーす!」
「いやー。食べるぅ―。」
「よーし、じゃあ行こう。」
「いやだいやだ〜。」

これを8往復くらいして、間に抱っこなどを挟んでいるうちに、こちらの体力も気持ちも限界に。
チビケロもアレコレ知恵を使ってきて、こちらの気をそらせようとしているのか
「アンパ〇マ〇のダンスするぅ〜。」
「じゃあ、もうご飯食べないでアンパ〇マ〇見るのねっ。ご飯片づけちゃうからねっ。」

そしてチビケロはアンパ〇マ〇を見始めてしまいました。
お手々も洗ってほしいが、ご飯も食べてほしいのに、どんどん思っている方向と逆方向に。

私は、どうしようもなくなり一人お風呂に入ることに…。
お風呂でアンパ〇マ〇の歌を大声で歌っていると、扉をドンドンするので開けるとチビケロが泣きながら立っていました。
「一緒に入る?」
「うんー。」
「仲直りしようか。」
「うんー。」

 

チャンチャン

2016年 娘の2歳のお誕生日に記念撮影用にフェルトクラウンをハンドメイド。

売ってないかとお店やネットで探してみたけど、思うようなものがなかったのと意外とお値段がしたので自分で作ることに。

イニシャルもハサミでチョキチョキ作ってぺったんこ。

チビケロ大喜びではしゃいでいます。ママも嬉しいケロ。


フェルトクラウン

2016年のハロウィン用で赤ずきんちゃんポンチョを2歳(95)の娘にハンドメイドしました。
ハロウィンが終わってからも使えるように、いかにもっていう感じではなくシンプルなデザインにしました。

実はリバーシブルになっていて、反対側はカエルさんになっています。

赤ずきんちゃんの方にはお花の刺繍テープを、カエルさんの方にはブルーのポンポンテープを取り付けました。

赤い方のフードのてっぺんには小さなタッセルをつけました。

チビケロも喜んで着てくれて、作った甲斐がありました。

赤ずきんちゃんポンチョをハンドメイド カエルさんポンチョをハンドメイド
赤ずきんちゃんポンチョをハンドメイド

チビケロを保育所に預けながら錦糸町のオフィスに通いつつ、ワーママになって丸2年。

仕事をしながらの子育ては、なかなか大変な日々であり。

何度心が折れそうになったことか。

でも、会社の方々の理解、夫の協力、保育所のお陰でどうにかこうにか続けてこられました。

 

だけど、やっぱり理想は自宅で仕事をやりながらチビケロの日々の成長も感じたい。

贅沢な話だと思うけれど、それでいて月々の収入も安定して欲しいのも正直な話。

 

理想を目指して頑張りたいな。

一人のWebデザイナーとしての自立、Webショップの運営、

ママだからやれることを。

 

Webショップをやるにあたっては、絶対に必要なものがありますよね。

そう、それは商品です。

そしてそれをほしいと思ってくださるお客様!

 

この二つ。絶対に必要で、絶対に紐づかなければならない二つ。

 

ニーズはあると思いました。

この頃、Creemaやiichi、tetoteなどハンドメイドの登録制通販サイトが伸びていた時でしたし、ハンドメイド業界の市場がとても注目されていたからです。

 

なので、まずは商品を作って出品してくれる作家さんを探さなければと思っていました。

Webショップを開店するためには最低でも200点はあった方がいいとされています。

 

ハンドメイドであればなんでもいいというわけではなかったので、声を欠けていただいてもコンセプトに合わないなと思ったときは残念ながらお断りしたこともありました。

 

私は自分のWebショップに「日用品にスポットを当てた可愛いハンドメイド雑貨」というコンセプトがありました。

 

そこで、私は以前一緒に働いていたクリエイターさんたちに思い切って、本当に思い切って声をかけました。

 

私のWebショップの「日用品にスポットを当てたハンドメイド雑貨」というコンセプトを理解したうえで快く協力してくれると言ってくれたMさんとUさんAさん、本当にありがとうございます。

 

感謝してもしきれない。

 

さぁ!ハンドメイドな商品たちを、ばんばん売ってゆくショップをつくるぞー!!

 

 

 

 

まずは、ホームページですね。

サーバーをレンタルして、ドメインを取得して、ショッピングカートの設置です。

もともと、web屋なのでそこはね、やりますよ自分で、コツコツとね。

 

最初はカラーミーというショッピングカートを使っていたのですが、

ショップが軌道に乗らないうちは、ランニングコストが少々かかるので途中からECキューブに変更しました。

 

ホントにコツコツ。

現在はサイトのデザインの編集と、コンテンツ制作。

1年ぐらいやってる気がするのに、まだやってる私…。

育児しながら、仕事しながら、空いた時間でコツコツ、少しずつデザインを入れていきました。

お客様のサイトを作るのと一緒なはずなのに、いざ自分のホームページを作るとなるとこんなにも難しいものかと。

なかなか原稿の上がってこないお客様の気持ちがなんとなく判りました。

 

▼まだまだ開発中のwebショップ

http://frogscollection.com/

 

 

カエル

 

 

 


20代の頃、都内の某美術館のミュージアムショップで数年間ショップスタッフとして働いたことがありました。
そこで知り合った同じくショップスタッフの方たちは美術関係の大学や専門学校出身のいわゆるクリエイターの卵さんたち。
ちなみに私は、理系大出身のちょっと美術好きの雑貨好き。畑違いから迷い込んだカエルでした。

ミュージアムショップで働くショップスタッフさんたちは、ちょっとした商品サンプル作るのも、ショップ内のディスプレイを装飾するのも、商品のポップを作るのも! サササッー!!キラキラキラ〜☆☆
手先が器用でアイデア満載、本当に才能あふれていて私にはとってもまぶしい人たちでした。
ステキだ。私もこんな風に誰かが見て、素敵だなって思える仕事がしたいと思ったものです。

だけど、その時に耳にしたのは美術系出身の方たちの就職難のお話し。
こんなに才能があって、それを形にできる手を持っているのになんてことだ!!!

また、雑貨を手作りしても価格が高いと売れないし、
安く設定すると雑貨が売れても、手作りでは売れるほど大変になるのだそうです。

クリエイターとして生きていくのって大変なんだなとしみじみと思いました。

その後事情があって、私はショップを1年半ほどで退職しました。
退職する日に送別会を開いてくれたみんなと、またいつか一緒に仕事がしたいとそのとき思いました。


そして30代、紆余曲折ありながらも私はWebデザイナーになり、4年ほどWeb制作会社で働いたのちフリーランスの道を歩みました。 いざWebショップ開設へ!

フロッグスコレクションのWebショップを立ち上げた背景はこんな理由からでした。
まだまだ模索中ですが、数あるハンドメイドの通販サイトのなかでも一味違ったお店になれればと思っています。
どうぞ、フロッグスコレクションをよろしくお願いします。 

 

カエル

 

パパケロはちびケロと一緒に折紙をして遊ぶのがブーム。
今度はおさいふを作ってあげていました。切って折って貼っただけの紙のおさいふ。ちびケロに渡すも、あまり興味が湧かないみたい。
ならばと、ママケロが折紙チョキチョキ、ペンで書き書き。お札と小銭を作ってあげました。

すると、紙のおさいふの意味を理解したみたいで、紙のお金を出したり入れたり。数えたり。アッチコッチに持って行っては楽しんでおりました。



Search

Profile

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archive

Selected Entry

Link

Mobile

qrcode

Other