まずは、ホームページですね。

サーバーをレンタルして、ドメインを取得して、ショッピングカートの設置です。

もともと、web屋なのでそこはね、やりますよ自分で、コツコツとね。

 

最初はカラーミーというショッピングカートを使っていたのですが、

ショップが軌道に乗らないうちは、ランニングコストが少々かかるので途中からECキューブに変更しました。

 

ホントにコツコツ。

現在はサイトのデザインの編集と、コンテンツ制作。

1年ぐらいやってる気がするのに、まだやってる私…。

育児しながら、仕事しながら、空いた時間でコツコツ、少しずつデザインを入れていきました。

お客様のサイトを作るのと一緒なはずなのに、いざ自分のホームページを作るとなるとこんなにも難しいものかと。

なかなか原稿の上がってこないお客様の気持ちがなんとなく判りました。

 

▼まだまだ開発中のwebショップ

http://frogscollection.com/

 

 

カエル

 

 

 


20代の頃、都内の某美術館のミュージアムショップで数年間ショップスタッフとして働いたことがありました。
そこで知り合った同じくショップスタッフの方たちは美術関係の大学や専門学校出身のいわゆるクリエイターの卵さんたち。
ちなみに私は、理系大出身のちょっと美術好きの雑貨好き。畑違いから迷い込んだカエルでした。

ミュージアムショップで働くショップスタッフさんたちは、ちょっとした商品サンプル作るのも、ショップ内のディスプレイを装飾するのも、商品のポップを作るのも! サササッー!!キラキラキラ〜☆☆
手先が器用でアイデア満載、本当に才能あふれていて私にはとってもまぶしい人たちでした。
ステキだ。私もこんな風に誰かが見て、素敵だなって思える仕事がしたいと思ったものです。

だけど、その時に耳にしたのは美術系出身の方たちの就職難のお話し。
こんなに才能があって、それを形にできる手を持っているのになんてことだ!!!

また、雑貨を手作りしても価格が高いと売れないし、
安く設定すると雑貨が売れても、手作りでは売れるほど大変になるのだそうです。

クリエイターとして生きていくのって大変なんだなとしみじみと思いました。

その後事情があって、私はショップを1年半ほどで退職しました。
退職する日に送別会を開いてくれたみんなと、またいつか一緒に仕事がしたいとそのとき思いました。


そして30代、紆余曲折ありながらも私はWebデザイナーになり、4年ほどWeb制作会社で働いたのちフリーランスの道を歩みました。 いざWebショップ開設へ!

フロッグスコレクションのWebショップを立ち上げた背景はこんな理由からでした。
まだまだ模索中ですが、数あるハンドメイドの通販サイトのなかでも一味違ったお店になれればと思っています。
どうぞ、フロッグスコレクションをよろしくお願いします。 

 

カエル

 

1