チビケロと共に、保育園に通い始めて1年が経ちました。
初めは、チビケロと離れ離れになる寂しさや預けることへの葛藤があったママケロです。

なんとかかんとか1年通い、ママケロが思うことは
保育園に預けてみて良かったということ。
保育園で遊んだことをチビケロがお家で楽しそうに説明してくれたり、
お友達ができたり、家では絶対やらないような遊びをやってくれたり。
お外遊びも、おうち遊びもまんべんなく。

ママのためにも良かったと思う。
ママケロは両親の実家がどちらも遠方なので、
かわいいチビケロの些細な成長も、先生方と共有出来たりすることも嬉しかったりするのです。
連絡帳に、チビケロがあれしたコレした、風邪ひいた、湿疹ができたなんて無条件で報告できることは、
ママケロの精神状態に多大なる安堵を与えてくれたように思います。

お熱が出たり、お仕事に行っていても呼び出されることもしばしばありましたが、
チビケロの成長だけでなく、ママケロも成長させてくれた1年間でした。
今のところ、保育園に行って良かったな〜っていう実感です。

Comment