現在2歳7か月のチビケロさんとのケンカの話。


「晩ご飯の前に手を洗おう。」
「いやだ〜洗わない。」
「お手々洗わないとご飯たべれないよ。」
「いやー。食べるぅ―。」
「じゃぁ、お手々を洗おうか。」
「いやだ〜洗わない。」
「ママも一緒に行ってあげるよ。」
「いやだ〜。」
「じゃぁ、ご飯たべれないねぇ。ママだけいただきまーす!」
「いやー。食べるぅ―。」
「よーし、じゃあ行こう。」
「いやだいやだ〜。」

これを8往復くらいして、間に抱っこなどを挟んでいるうちに、こちらの体力も気持ちも限界に。
チビケロもアレコレ知恵を使ってきて、こちらの気をそらせようとしているのか
「アンパ〇マ〇のダンスするぅ〜。」
「じゃあ、もうご飯食べないでアンパ〇マ〇見るのねっ。ご飯片づけちゃうからねっ。」

そしてチビケロはアンパ〇マ〇を見始めてしまいました。
お手々も洗ってほしいが、ご飯も食べてほしいのに、どんどん思っている方向と逆方向に。

私は、どうしようもなくなり一人お風呂に入ることに…。
お風呂でアンパ〇マ〇の歌を大声で歌っていると、扉をドンドンするので開けるとチビケロが泣きながら立っていました。
「一緒に入る?」
「うんー。」
「仲直りしようか。」
「うんー。」

 

チャンチャン

Comment