パパケロがチビケロと一緒に折紙でニンジンと大根を作りました。
最初は盛り上がっていたチビケロもあっという間に飽きてしまい、見向きもしなくなった。ムムム。
そこでママケロ、野菜さん達に顔を描いてみました。
すると、なんということでしょう??
野菜さん達がおともだちに昇格!数ヶ月たった今でも、ニンジンさーん!ダイコンさーん??と遊んでおります。
かわゆい子だのぅ〜。

チビケロも1歳を過ぎたころ、
ママ友にとある育児本をお借りしました。

クドカンさんの育児本です。
職場までの通勤中にニヤニヤしながら楽しく読めました。
なんか自分だけじゃないのね〜っていうのと
そんなにガチガチに頑張らなくてもいいっか〜って思えた本でした。

他の育児本は読むと
「そうなんだ!そうなのね!!」
と、なんだか肩ひじ張ってしまっていましたが、
クドカンの育児本は、まぁエッセイですし笑いながら楽しく読めました。

だれか育児に煮詰まっているお友達がいたらお勧めしようと思った一冊です。

チビケロがまだ0歳の頃の話。

朝から体調が悪かったママケロ。
だけどチビケロは元気いっぱい。
抱っこするのもしんどい…。

近くに両親など頼れる人もおらず、とにかく夜まで頑張ればパパさん帰ってくるでしょう。
なんてママケロ甘かった…。

具合はどんどん悪くなり。
夜も22時を回った頃、いよいよやばす。
なんか吐きそう、でも出ない。
チビケロ泣いてる。
うぅ、やばいどうしようってトイレでうずくまっていたら、そのまま過呼吸に。
手足がしびれてきて体が動かない、こんなの初めて。
やばいやばいチビケロいるのに…。
なんとかギリギリの意識でパパさんに連絡するも、帰宅はまだとのこと。
もう救急車しかないと、生まれて初めて救急車を呼びました。
背に腹は代えられぬ。

救急車到着、助かったこれでチビケロは何とかなる。
必死でドアのところまで這って行ったものの。
救急の方たちは、子供のことにはノータッチ。
なんたる!!泣いているから授乳するかと聞かれました。
苦しくて倒れているのに!?何のために呼んだんでしょう???

こいつら頼りにならんと思い、
ママケロしびれて動かない体を無理くり引きずって赤ちゃんに授乳しましたよ。
チビケロを癒しの空気で包んで揚げることもできず、
こんな物々しい状況でチビケロ泣き止むはずもなく困り果てていたところに、パパケロ帰宅。
深夜、ママケロは一人救急車で運ばれて行きました。

怖かった、ともかくチビケロをどうすればいいのかと思案しました。
チビケロ生まれたばっかりで寝不足だったところに、胃腸炎が重なったようです。
さらに、どうしようという不安が最高潮に達して過呼吸です。


そのあと、ファミリーサポートに加入しましたがまだ利用していません。
こんなママさんも多い気がする。
皆さんどうしているのでしょう?謎??
 

チビケロと共に、保育園に通い始めて1年が経ちました。
初めは、チビケロと離れ離れになる寂しさや預けることへの葛藤があったママケロです。

なんとかかんとか1年通い、ママケロが思うことは
保育園に預けてみて良かったということ。
保育園で遊んだことをチビケロがお家で楽しそうに説明してくれたり、
お友達ができたり、家では絶対やらないような遊びをやってくれたり。
お外遊びも、おうち遊びもまんべんなく。

ママのためにも良かったと思う。
ママケロは両親の実家がどちらも遠方なので、
かわいいチビケロの些細な成長も、先生方と共有出来たりすることも嬉しかったりするのです。
連絡帳に、チビケロがあれしたコレした、風邪ひいた、湿疹ができたなんて無条件で報告できることは、
ママケロの精神状態に多大なる安堵を与えてくれたように思います。

お熱が出たり、お仕事に行っていても呼び出されることもしばしばありましたが、
チビケロの成長だけでなく、ママケロも成長させてくれた1年間でした。
今のところ、保育園に行って良かったな〜っていう実感です。

チビケロにパジャマを作りました。

正直買った方が安い気もしますが、

気に入った柄で気に入ったデザインにできること。

それをチビケロがかわいく着てくれるのは、とってもうれしいケロー。

ペットボトルの蓋シリーズ第二弾!

ポットン落としがとっても好評だったので、調子に乗って作った手作りおもちゃです。

フェルトでくるんで、シャカシャカ&くっつけたり引き離したり〜。

1.ペットボトルの蓋2つをテープでくっつけたものを2つ作ります。
2.その二つをさらにテープでくっつけます。
3.フェルトでくるんでチクチク縫います。
4.上と下のところにマジックテープを縫いつけます。
5.これを3つづつ色違いで2種類作りました。

できた〜!
チビケロが1歳くらいの頃、めっちゃくっつけたり引きちぎったりしてました。
今や毛玉だらけに…。

パパケロがムーニーのオムツ段ボールでチビケロにトンネルを作ってくれました。

いつもは捨てる前の一つだけの段ボールトンネルですが、三つをつなぎ合わせて特大トンネルです!

チビケロが6か月くらいの頃、手作りおもちゃを作りました。

簡単です。
ちょっと深さのあるタッパの蓋に丸い穴をあけます。
ペットボトルの蓋を2つくっつけて、テープで止めます。
中にはお米を少し入れるとシャカシャカ音が鳴って、楽しいようでそれだけで振って遊んでいました。

1歳過ぎたくらいかな。
少し成長してくると、タッパの蓋に開けた穴にペットボトルの蓋で作ったシャカシャカをポットンポットンと入れ始めます。
何度も何度も、ずっと遊べます。
すごいロングヒットです。

さらに成長すると、ペットボトルの蓋を積み始めます。
なんと積み木!

シールやマスキングテープでかわいくデコっても楽しいですね。




 

今まで何とか守ってきた白い壁。
ついにやられた〜!

お絵かき大好きチビケロ。

この冬、チビケロのポンチョを作りました。
やっぱりリバーシブル!

以前、ママ友のチビケロちゃんが、着ていたポンチョが着脱させやすそうでいいなぁ〜と思い。
お店で買おうか悩みましたが、探すのが面倒なのとモフモフのが欲しかったので、思い切って作るケロ!
ミシンが初心者過ぎてちょっとマゴマゴしたけれど、もっと慣れれば意外と簡単。
 
続きを読む >>


Search

Profile

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Selected Entry

Link

Mobile

qrcode

Other